E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「長い旅」です。


さて、前回までは僕が「永ちゃん」ファンになるまでの「永ちゃん」についてを後付目線で書いてきましたけど、今回からはついに僕が「永ちゃん」と出会った1978年以降のことをアルバムを振り返りながら書いていこうと思います。

「永ちゃん」との出会いはたまたま見たテレビでした。

テレビにはその当時読売巨人軍の本拠地だった「後楽園球場」が映ってました。

そしてグラウンドに設けられたステージに一人の男が!

イントロダクション、大きな星がチカチカ。

「イッツオーライ、カモン、ドーン、もう一発!、ドーン、ルイジアナ~」

名曲「トラベリンバス」でステージははじまりました。

そう、この人こそが「矢沢永吉」僕がこの世で最も尊敬している人物です。

ドギモ抜かれましたよ、ホンマ。

それまでテレビで「ロック」を歌う日本人なんて見たこと無かったもんで。

多分口をポカンと開けたままテレビにかじりついて見てたと思いますわ。

ほんでまた、しゃべりがカッコいいんです。

「ド~モ、ようこそ!...」。

もうノックアウトですわ。

この日から僕は「永ちゃん」のファンになりました。

この後発売されたLIVEアルバム「LIVE 後楽園スタジアム」のカセット版を買いましたよ。なんとか。

カセットのテープが伸びるぐらい聴いたんとちがうかな。

そんなLIVEアルバム「LIVE 後楽園スタジアム」に収録されている楽曲は

[Disc1]
1.イントロダクション
2.トラベリン・バス
3.世話がやけるぜ
4.あの娘と暮らせない
5.古いラヴ・レター
6.チャイナタウン
7.ラッキー・マン
8.ゴールドラッシュ
9.苦い涙
10.親友
11.昨日を忘れて

[Disc2]
1.時間よ止まれ
2.恋の列車はリバプール/サブウェイ特急
3.黒く塗りつぶせ
4.ガラスの街
5.ウィスキー・コーク
6.アイ・ラヴ・ユー,OK
7.そっと、おやすみ
8.鎖を引きちぎれ
9.長い旅
10.ひき潮

以上です。

「親友」しびれました。僕の友達もみんな言いますね。シブイ。

CMソングになり大ヒットした「時間よ止まれ」もいいですね。(紅白で歌詞とちりましたけど)

そして言わずと知れた「アイ・ラヴ・ユー,OK」もうたまりません。

そしていよいよラスト2曲。

「鎖を引きちぎれ」とラストは「長い旅」ど派手なロックからシブイバラードへ。

「最後にたまんないやつ聴いてください」で気絶もんですわ。

今まで何回も「永ちゃん」の「LIVE」に行ってますけど、僕の中では3本の指に入る「後楽園」です。

オールドファンなら結構いるんやないですか?この「LIVE」を一番に推す人。

それぐらい僕らの世代には衝撃的な「LIVE」やったんやないかなと思います。

この「LIVE」で名実共に「ロック界のスーパースター」の座を手に入れたんやね「永ちゃん」は。

「永ちゃん」にとってこの1978年という年はホンマに「転機」やったと思います。

この「LIVE 後楽園スタジアム」以外にも伝説のベストセラー、矢沢永吉激論集「成りあがり」や4枚目のアルバム「ゴールドラッシュ」など大活躍の1年でした。

この1978年については次回もう一度書きたいと思います。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*今回紹介したLIVEアルバム「LIVE 後楽園スタジアム」を見てみる

*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yazawainochi.blog117.fc2.com/tb.php/8-8fd1f2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。