E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「バーボン人生」です。


本日2度目の書き込みです。

まだまだ最初だからバリバリガンバって書いてます。ヨロシク!いつまでもつかな?

現在「永ちゃん」ファンになる前の「永ちゃん」を後付け目線で振り返って書いてます。

今回は僕がまだまだハナタレの中1の頃の1977年4月21日発売の「ドアを開けろ」について書いていきたいと思います。

しかし前回も書いたように、このアルバムを初めて聴いたのは高1か高2の頃です。

早速このアルバム「ドアを開けろ」に収録されている楽曲を紹介します。


1.世話がやけるぜ
2.燃えるサンセット
3.苦い涙
4.黒く塗りつぶせ
5.そっと、おやすみ
6.あの娘と暮らせない
7.通りすがりの恋
8.バイ・バイ・マイ・ラヴ
9.バーボン人生
10.チャイナタウン


以上10曲です。

全体的にスローな曲が多いアルバムです。

この中で1曲選べって言われたら、「バーボン人生」かな。

前2作には無かった感じのスローな1曲です。

なんだかもの悲しくなる詩とバックの演奏がホンマにマッチしてます。

今も「LIVE」に行くと「歌ってくれへんかな」とひそかに期待してます。

あとは、「永ちゃん」がテレビで紹介される時によく使われる「黒く塗りつぶせ」かな。

「永ちゃん」がよく言ってます。「ロックはぶち壊しよ」って。

まさにぶち壊しのロックで、初期の「永ちゃん」のロックの代表作の一つじゃないですか。

「チャイナタウン」は横浜に行ったことが無い僕にも風景が浮かんでくるような1曲です。

「永ちゃん」の第2の故郷「横浜」を舞台にした曲は何曲かありますけど、僕はこの曲が一番すきかな。

「バリバリロック」がどっちかというと好きな僕には、ちょっとおとなしいアルバムに映りますけど、これも「矢沢の新境地」ではないかなと思うんです。「バラード」も超一流ですから。

さて、話は変わりますが、1977年と言えば忘れてはならないのは「日本人ロックアーティストとして初の武道館公演」ですよね。

なんせこの頃はまだ「ビデオ」なんてものは無い時代やから、LIVEアルバム「スーパー・ライヴ日本武道館」を聴きながらLIVE風景を想像してましたわ。

後々見たビデオ矢沢永吉ヒストリー 」でこのLIVEの風景を初めて見ました。

白いパンツに黒いシャツ、白のサスペンダーの「永ちゃん」がまぶしかったのを覚えてます。

2007年に前人未到の「武道館100公演」の時、全く同じスタイルで登場してきた「永ちゃん」に感動しました。

そんな「スーパー・ライヴ日本武道館」に収録されている楽曲は

[Disc1]
1.INDRODUCTION
2.世話がやけるぜ
3.奴はデビル
4.最後の約束
5.キャロル
6.夏のフォトグラフ
7.苦い涙
8.恋の列車はリバプール発
9.サブウェイ特急
10.ライフ・イズ・ヴェイン
11.トラベリン・バス
12.燃えるサンセット

[Disc2]
1.バーボン人生
2.安物の時計
3.真夜中のロックン・ロール
4.ウィスキー・コーク
5.古いラヴ・レター
6.アイ・ラヴ・ユー,OK
7.通りすがりの恋
8.黒く塗りつぶせ
9.A DAY
10.ひき潮


野外でコンサートをやると雨が降ってた「永ちゃん」が「ここは雨が降らないんで...」って言うたのがおもろかったです。

それと「僕自身一番好きな曲です、聴いてください」で始まった「アイ・ラヴ・ユー,OK」も最高でした。

そして大成功のうちに幕を閉じたのでした。

この「武道館」でコンサートをするっていうことだけでもすごいのにこの人はさらにすごい所で歌わはるんですわ。

そう、その当時の読売巨人軍の本拠地「後楽園球場」で。

そう、僕がはじめて「永ちゃん」をテレビで見た1978年のことです。

次回はその時のことを思い出しながら書いてみたいと思います。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*今回紹介したアルバム「ドアを開けろ」を見てみる

*今回紹介したLIVEアルバム「スーパー・ライヴ日本武道館」を見てみる

*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yazawainochi.blog117.fc2.com/tb.php/7-3549a858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。