E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「背中ごしの I LOVE YOU」です。


さて今回はいよいよ21世紀、2001年、僕が36歳の頃のお話です。

この頃の僕の仕事は、前にも書きましたがトラックの運転手でした。

それもこの業界で言う「持ち込み」というもので、まあ簡単に言うたら自分でトラックを買って仕事をもらうっていうことです。

サラリーマン運転手ではなく、個人事業主になります。

そんな商売ももうはやらなくて、経費はかさむは保障はないはでどうしようか悩んでました。

そこで一大決心をして、僕がずっと入り込んでいた会社に「正社員」として雇ってもらうことにしました。

前にも書きましたが、「紙製品」を扱う会社で本社は「愛媛県」にあります。

この会社の「大阪支店」で僕は今「紙の裁断」をやってます。

機械を使って「原紙」といって大きな紙を皆さんもご存知の「A4」とか「B4」とかのコピー用紙や、絵を書く「画用紙」やチラシやポスターの大きさにカットする仕事をしています。

貴方も僕がカットした紙を一度は手にしているかもしれません。

収入面ではちょっと低くなりましたけど、社会保険や厚生年金などが付いてきますので安心は安心です。

妻「美恵ちゃん」も少しは安心してくれたのではないかと思います。

この年僕の親父も亡くなりいろんなことがありましたけど、僕はいつも「永ちゃん」のように前に進むだけです。

そんな生き方を教えてくれた「永ちゃん」に感謝しています。

そんな21世紀初めのアルバムは「YOU, TOO COOL」です。



YOU, TOO COOL
2001.9.27発売
1.雨に打たれて[4:32]
2.New Century Boy[4:43]
3.フリーダムライダー[4:57]
4.背中ごしの I LOVE YOU[4:37]
5.パセオラの風が[4:24]
6.Little darling[4:26]
7.金曜日のフリーズ・ムーン[4:41]
8.ミッドナイトファイティングボーイ[3:21]
9.ピ・ア・ス[3:43]
10.Please,Please,Please[6:01]
視聴及びダウンロードはこちらへ



前回も書きましたけど、この頃になるとアルバムの内容うんぬんより「永ちゃん」ががんばってくれてることが幸せに感じられてきました。

しかしこのアルバムの中に久しぶりに僕のハートを射抜いた曲があります。

「背中ごしの I LOVE YOU」です。

「彼女への愛」を熱く歌ったロックなんですけど、聴いてて目頭が熱くなるんですわ。

「オヤジ」やからかもしれませんけど、この曲を聴くとそうなるんです。

長年連れ添ってきた妻「美恵ちゃん」に捧げたい1曲です。

「LIVE」でギター持ってこの曲を歌ってくれた時は涙がちょちょぎれましたよ。ホンマ。

そんな2001年のコンサートツアーは
EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR "Z" 2001
10/24~12/20/合計35公演
でした。

もちろん「大阪城ホール」は行きました。

「背中ごしの I LOVE YOU」がホンマよかったのを覚えてます。

僕もいろんなことがあって新たな出発となった1年でした。

しかし「永ちゃん」も僕も前に向って突っ走るだけです。

次回は2002年の頃のお話を書きたいと思います。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yazawainochi.blog117.fc2.com/tb.php/47-6a7c323b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。