E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「FLESH AND BLOOD」です。



さて今回は1989年僕が24歳の頃についてのお話です。

相変わらず「競馬」にはまってたと思います。

年号は「昭和」から「平成」に変わりました。

この年から仕事を変わりました。紙を扱う会社で配達をやってました。現在もこの会社にいます。

なにかここ数年の「永ちゃん」のアルバムに物足りなさを感じていた頃だと思います。

そんな1989年にリリースされたアルバムが「情事」です。


情事
1989.6.21発売
1.SOMEBODY'S NIGHT[3:49]
2.赤いルビー[3:54]
3.時計仕掛けの日々[3:48]
4.太陽の領域[4:18]
5.夜間飛行[4:00]
6.FLESH AND BLOOD[3:58]
7.早冬の気配[4:23]
8.哀しみの彼方へ[3:34]
9.CRAZY DIZZY NIGHTS[3:50]
10.愛しい風[4:24]
視聴及びダウンロードはこちらへ



1曲目の「SOMEBODY'S NIGHT」を聴いた時「今回はイケテルかも」と思いました。

2曲目「赤いルビー」で「矢沢節」炸裂のロック。

3曲目「時計仕掛けの日々」で「僕の永ちゃん復活」と思いました。

やっぱり「永ちゃん」は「ロック」がいけてないとアカンでしょ。

「ロック」がいいから「バラード」も映える。「バラード」がいいから「ロック」が映える。

そのバランスがいいところが「永ちゃん」のアルバムのいいところだと思うんですけど。

久々に「ロック」の割合が多いアルバムになりました。

「FLESH AND BLOOD」は今もよく「LIVE」で歌ってくれるシブイ1曲です。

「哀しみの彼方へ」も「矢沢節」炸裂のスローな名曲です。

そして最後にスローバラード「愛しい風」で締める。もう最高です。

メッチャバランスのいいアルバムだと思うんですがどうでしょう?

ここ数年物足りなかっただけにホンマにスカッとしました。

ここから「永ちゃん」はまた上り調子になっていったように思えます。



さらにこの年にはLIVEのベストアルバム「STAND UP!!」もリリースされています。




LIVE
STAND UP!!
1989.2.15発売
[Disc1]
1.共犯者[5:18]
2.傘[4:27]
3.NO NO NO[4:27]
4.くちづけが止まらない[4:28]
5.棕櫚の影に[4:44]
6.JEALOUSY[4:19]
7.ROCK YOU HIGH[3:55]
8.あの夜…[4:42]
9.BELIEVE IN ME[3:59]
10.SHE BELONGS TO HIM <彼女は彼のもの>[3:17]
11.SEPTEMBER MOON(矢沢永吉)/雨のハイウェイ(矢沢永吉)/時間よ止まれ(矢沢永吉)[4:56]
12.BALL AND CHAIN[4:45]
13.YOKOHAMA 二十才まえ[3:52]
14.ニューグランドホテル[4:31]
15.SHAMPOO[4:16]
16.LAST CHRISTMAS EVE[3:57]
[Disc2]
1.ミスター・ギブソン[3:40]
2.罪なデマ[3:35]
3.グッド・タイム・チャーリー[4:47]
4.LONG DISTANCE CALL[3:56]
5.YES MY LOVE[1:53]
6.逃亡者[4:12]
7.バイ・バイ・サンキュー・ガール[5:23]
8.A DAY[7:31]
9.さまよい[4:40]
10.キャンディ[7:05]
11.安物の時計[6:07]
12.苦い雨[4:18]
13.止まらないHa~Ha[5:17]
14.ルイジアンナ[2:39]
15.FLASH IN JAPAN[4:12]
16.長い旅[7:12]
視聴及びダウンロードはこちらへ



このアルバムは今までの「LIVE」のいいとこどりをしたベストアルバムです。

最高の「永ちゃん」を味わえる1枚だと思います。

この年のコンサートツアーは
STAND UP '89 EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR
9/1~11/5/合計48公演
STAND UP '89 Special2 CONCERT TOUR
12/6~12/20/合計11公演
東京ドーム2日を含む
でした。

「永ちゃん」を尊敬しやまない気持ちは変わらなかった僕ですが、どうも曲に物足りなさを感じていた時期に素晴らしいアルバムをリリースしてくれた「永ちゃん」。

やっぱり「永ちゃん最高」です。

そしていよいよ1990年代へと突入していくのでした。

しかしこの続きは次回にしたいと思います。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yazawainochi.blog117.fc2.com/tb.php/34-31fae5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。