E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「逃亡者」です。


さて今回は1984年についてです。

僕も社会人2年目を迎えました。

この年は僕にとっては大変大切な年になりました。

この後僕の奥さんになる「美恵(よしえ)ちゃん」と付き合いを始めたのです。

きっかけは中学3年の時のクラスの同窓会でした。

久しぶりに会って懐かしかったのとお酒の力借りて、勤め先を聞きました。

そしてこれも初めて紹介しますが、親友の「真司」に付き添ってもらって、当時彼女が勤めていた住道の「ダイエー」の中の呉服屋さんまでおしかけました。

そして猛チャージの日々が続き、ようやく彼女をGETしたのでした。

これはお互い後で気づいたんですけど、幼稚園の時も同じクラスやったんです。

赤い糸で結ばれてたんでしょうか?

そんなウキウキの状態の時に「永ちゃん」がリリースしたアルバムが「E'」です。



E'
1984.7.25発売
1.スタイナー(Introduction)[0:45]
2.逃亡者[3:46]
3.あの夜・・・[4:16]
4.O,Oh[3:41]
5.FADE AWAY[3:16]
6.LONG DISTANCE CALL[4:45]
7.BALL AND CHAIN[4:05]
8.棕櫚の影に[4:42]
9.罪なデマ[4:16]
10.GOOD LUCK!![3:44]
11.回転扉[4:15]


「逃亡者」は「LIVE」でアンコール前の最後の曲によく使われている曲です。

僕がいわゆる「プロモーションビデオ」っていうものを始めて見たのがこの曲だったんとちがうかな。

バイクに乗った「永ちゃん」がメッチャかっこよかったという覚えがあるんですけど。

さらにこの「E'」には僕の好きなスローな曲が3曲あります。

「LONG DISTANCE CALL」「棕櫚の影に」「回転扉」です。

特に「棕櫚の影に」はなんてオシャレな曲なんでしょうね。

「~Daydream 愛してた 焼けた肌に洗いざらしのシャツ 夏の日の Weekend~♪」(作詞 西岡恭蔵)

出だしからたまらなく好きな1曲です。

「E'」は僕の中では結構おすすめです。



「美恵ちゃん」との出会いもあった1984年ですが、さらに僕にとっては素晴らしい思い出があります。

この年のコンサートツアー「E' I'll BACK SOON EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR '84」の10月20日、初めて「永ちゃん」が「大阪城ホール」でコンサートをした日。

僕は「美恵ちゃん」と二人で見に行きました。「LIVE」デビューです。

最近はファンのマナーも良くなり、とってもいい雰囲気で「LIVE」を見れますけど、この頃はまだひどかったんです。

会場の外からすでに、とってもこわそうなにいさん、ねえさんがうじゃうじゃで、「暴走族」の集会のような雰囲気。

「LIVE」が始まるともう椅子の上に乗って総立ち。それはもうすごかったですよ。

「永ちゃん」がよく言ってます。「昔は、矢沢はしゃべらないって言われたけど、しゃべらないんじゃなくてしゃべれなかったんだよね」ってね。

ホンマに曲と曲の合間も「永ちゃ~ん、キャー!」の大騒ぎでしたから。

もちろん僕もですけど。

「永ちゃん」にあまり興味が無かった「美恵ちゃん」は終始こわくて小さくなってましたもんね。

あの頃そんなことをしてみんなに迷惑かけてたファンの人たち、僕もですけど反省しましょう。

ホンマにその頃と比べて今の「LIVE」は良くなりました。みんな大人になったんやね。

そんなハチャメチャな雰囲気でしたけど、僕にとっては記念すべき1日でした。

「永ちゃん」ファンになって32年「LIVE」デビューから26年。僕も大人になりました。

今年も熱い「LIVE」を期待しましょう。



そんな1984年にはベストアルバム「THE BORDER」も発売されています。



THE BORDER
1984.2.15発売
1.THE BORDER[4:24]
2.DON′T COME TOO CLOSE[3:10]
3.LOVE THAT WAS LOST[3:44]
4.ROCKIN′ MY HEART[3:43]
5.IT′S JUST ROCK′N ROLL[3:56]
6.THIS IS A SONG FOR COCA COLA[3:14]
7.YES MY LOVE[3:59]
8.WITHOUT YOU[4:40]
9.YOU[3:48]
10.ミスティ[3:44]
11.LAST CHRISTMAS EVE[3:27]


ホンマに1984年は僕にとって素晴らしい1年になりました。

しかし翌年1985年にはさらに素晴らしいことが...。

この続きは次回にしたいと思います。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yazawainochi.blog117.fc2.com/tb.php/28-e2c4e0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。