E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「このまま・・・」です。


今回から「YOU TUBE」の動画で「今回のこの1曲」を入れてみたいと思います。

さて今回は1983年、とうとう僕も社会人になった頃の事を書きます。

自分で金を稼ぐようになった僕ですけど、やっぱりお手本にしていたのは「永ちゃん」でした。

「自分の道を突っ走るだけ」の生き方です。

酒類の卸販売の会社に就職しました。ビールや日本酒、ワインなんかを町の酒屋さんに卸す仕事です。

僕は現場で出荷を担当してました。結構きつい仕事でした。

まあどんな仕事でも楽なもんなんてないんですけどね。

何ヶ月か働いてお金もちょっと貯まった頃に、友達の兄さんの「カローラ レビン」を中古で20万で購入。

何年式かも忘れましたけど、かっこよかったですよ。

もちろん「カーステ」で聴いていたのは「永ちゃん」のみでした。(もちろんカセットです)

そんな頃リリースされたアルバムが「「I am a Model」です。



I am a Model
1983.7.20発売
1.ROCK YOU HIGH[4:09]
2.ミスティ Misty[3:44]
3.WHY YOU ・・・[3:57]
4.グッド・タイム・チャーリー[4:11]
5.このまま・・・[3:47]
6.酔えないシャンペン[4:41]
7.M3/4[3:48]
8.せめてダンシング[4:04]
9.シーサイド#9001[3:57]


僕的にはあまりインパクトのないアルバムだったんですけど、とにかくうれしくて車の中で最大ボリュームで聴いていた覚えがあります。

この「「I am a Model」で印象に残っているといえば「このまま・・・」です。

スローバラードの中でもかなり好きな1曲です。

大人のバラードです。僕もちょっとずつ大人の階段を登りつつある時期でしたもんで。

全体的におとなし目のアルバムやと思います。

この頃の「永ちゃん」はいろんな音楽を模索してたんとちゃいますかね。

こういう感じもありの「永ちゃん」です。


さてこの1983年には前年に行われた「日本武道館」でのLIVEを収録したLIVEアルバム「1982 P.M.9 LIVE」もリリースされています。




LIVE
1982 P.M.9 LIVE
1983.3.26発売
1.ROCKIN`MY HEART[4:26]
2.CAN GO[4:46]
3.SUGAR DADDY[5:19]
4.PRETTY WOMAN[4:20]
5.50%DREAM[4:51]
6.TRYIN′TO FIND MY WAY HOME[4:18]
7.LOVE THAT WAS LOST[4:16]
8.YOKOHAMA FOGGY NIGHT[4:25]
9.YOU[7:15]
10.HEY BOBBY[4:24]
11.YES MY LOVE[4:14]
12.ROCK ME TONIGHT[4:20]
13.WITHOUT YOU[6:29]
14.NETTAIYA(熱帯夜)[4:45]
15.LAHAINA[1:56]


元ドゥービー・ブラザーズのメンバーを引き連れて、凱旋帰国した「E.YAZAWA」のコンサートツアー「 E.YAZAWA "P.M.9" CONCERT TOUR '82」です。

ジョン・マックフィー
ボビー・ラカインド
リッチー・ジトゥ
デニス・ベルフィールド
マーク・ジョーダン
キース・ヌードセン

という豪華メンバーで始まったLIVE。

「矢沢」イコール「リーゼント」というイメージでしたけど、この時は髪をおろしてました。

たしか「NHK」でも後で放送されたと思います。

これから長い付き合いになる「ジョン・マックフィー 」のギターにしびれましたわ。ホンマ。

この「ジョン・マックフィー 」作詞作曲の「ROCKIN`MY HEART」から4曲目の「PRETTY WOMAN」まで全て英語の曲。

多分ほとんどの人が「なに言うてるかわからん」状態やったと思うんですけど、ノリは以前とおんなじです。

音楽は言葉を越えますね。

「日本のLIVE」を変えた瞬間でした。

「永ちゃん」のLIVEアルバムの中でも貴重な1枚です。



さらにこの1983年にはベストアルバム「HE GREAT OF ALL -Special Version- 」もリリースされました。




BEST
THE GREAT OF ALL -Special Version-
1983.11.21発売
1.バイ・バイ・サンキュー・ガール[3:38]
2.黒く塗りつぶせ[3:35]
3.ゴールドラッシュ[4:54]
4.チャイナタウン[4:02]
5.古いラヴ・レター[3:23]
6.世話がやけるぜ[4:22]
7.時間よ止まれ[4:29]
8.キャロル[3:07]
9.ライフ・イズ・ヴェイン[2:35]
10.ウイスキー・コーク[2:13]
11.雨のハイウェイ[3:38]
12.バーボン人生[4:53]
13.さめた肌[4:15]
14.Mr.T.[4:15]
15.苦い涙[4:30]
16.長い旅[6:34]



さらにこの1983年にはシングル「ROCKIN' MY HEART」とアルバム「YAZAWA It's Just Rock'n Roll」が全米発売されました。

日本ではビデオRUN & RUNも発売されました。

この年のコンサートは「 EIKICHI YAZAWA "I AM A MODEL" CONCERT TOUR 1983」でした。

ジョニー・ウォーカーのCMにも出演。曲は「Last Christmas Eve」でした。

お酒の販売の会社に勤めていた僕は、急に「ジョニ赤」が売れたのを覚えてます。

今もですけど、「永ちゃん」がCMすると商品が売れる気がするのは僕だけですか?

この年も精力的に活動を続ける「永ちゃん」でした。

そして1984年を迎えるのでした。

この続きは次回にしたいと思います。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yazawainochi.blog117.fc2.com/tb.php/26-6ecdf334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。