E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

まだ2回目の書き込みで調子つかめてませんけど最後までヨロシク!

今回のこの1曲は「涙のテディボーイ」です。


さて、初回にも書きましたけど、僕が「永ちゃん」ファンになったのは1978年(中学2年)の時でした。

その頃の「永ちゃん」のシングル曲は「時間よ止まれ」アルバムは「ゴールドラッシュ」でした。


その後も次々に素晴らしいアルバムをリリースしていったわけなんですが、ファンになればなるほどにそのルーツを辿ってみたくなるもんです。

するとやっぱり「キャロル」は避けて通れないでしょう。

ロックバンド「キャロル」とは
*矢沢永吉(ベース、ボーカル)
*ジョニー大倉(サイドギター、ボーカル)
*内海利勝(リードギター、ボーカル)
*ユウ岡崎(ドラムス)
以上4人で構成されたバンドです。

その頃の僕の知識では、「ファンキーモンキーベイビー」ぐらいしか知りませんでした。

しかし「キャロル」のいろんなアルバムを聴いているうちに「ロックンロール」の魅力にとりつかれていきました。

ソロになってからの「永ちゃん」の曲とは全然違うイメージの曲が多くまさに8ビートのロックンロールが主流です。

ビデオで見た「燃えつきるキャロル・ラストライブ」
では、「革ジャンにリーゼントにサングラス」姿の4人が僕にとってはホンマにまぶしかったのを覚えています。

正直言うてその当時の芸能人のテレビでの受け答えというたら、まさに「教科書どおり」みたいな感じやったんですけど、「キャロル」は全然違いました。

ホンマ「なんて生意気な人たちなんやろ」と思いましたよ。

でもそこが最大の魅力やったやろうとも思います。

さて、そんな「キャロル」がリリースしたアルバムを紹介しときますと

*ルイジアンナ (1973年3月25日)

*ファンキー・モンキー・ベイビー (1973年7月25日)

*ライブ・イン“リブ・ヤング" (LIVE ・1973年12月20日)

*キャロル・ファースト (1974年7月25日)

*グッバイ・キャロル (ドキュメント・1975年4月5日)

*燃えつきる キャロル・ラスト・ライブ 1975 4.13. (LIVE ・1975年5月15日)

ベストアルバム
*キャロル・ゴールデン・ヒッツ (1974年12月25日)

*キャロル・ゴールデン・ヒッツ・マークⅡ (1976年5月25日)

*ラスト・チャンス キャロル・レア・トラックス (1992年11月26日)

*THE★BEST (2003年1月22日:ノイズエラーにより回収、正規盤は1月31日)

以上です。

活動期間は2年半と大変短いんですけど、名曲はたくさんあると思います。

しかしこのままやとダラダラと書いてしまいようなんで、この続きはまた次回にします。

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yazawainochi.blog117.fc2.com/tb.php/2-846b61b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。