E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「引き潮」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



「引き潮」 歌詞はこちらへ

作詞 山川啓介 作曲 矢沢永吉

1997年10月1日発売のアルバム「E.Y 70’S」に収録されています。


E.Y 70’S



今日は9月5日です。

まだまだ暑いですけど海の季節はもう終わりましたね。

今回のこの1曲「引き潮」が一番似合う季節ですよね。

今回載せた「YOU YUBE」の映像は1984年10月20日に「永ちゃん」が我が地元の「大阪城ホール」で始めてLIVEを行った「E'」の映像です。

と同時に僕が「永ちゃん」のファンになって初めて行ったLIVEでもあります。

29年前になりますか。

1978年8月28日、日本のロックアーティストとして初めての後楽園球場単独公演「LIVE 後楽園スタジアム」を観て「永ちゃん」に目覚めて以来6年越しの夢が叶った夜でした。

以前も書きましたが、この頃はファンのマナーもめちゃくちゃで一緒に行った現在の嫁さん「よしえ」も「怖かった」と言っていたのを覚えています。

今はバラードになるとみんな座りますけど、この時は最初から最後までみんな立ったままというか椅子の上に立たないと見えないような状態でした。

しかしファンのマナーはめちゃくちゃでも「永ちゃん」は最高でした。

この「引き潮」もギターを持って歌ってくれました。

「LIVE 後楽園スタジアム」でもエンディングで流れた大変印象深い1曲だったので、この曲が始まるとホンマ失神しそうになったのを今でも思い出します。

オリジナルアルバムには収録されてはいませんが、ホンマ名曲です。

この頃は僕も「よしえ」もまだ結婚する前の19歳でした。

2人で海も行ったし、仲のいい仲間達とも海へ行きました。

今の生活も満足してるけど、この頃もホンマ楽しかった。

いつも出てくる「真司」その妻「節ちゃん」あと「かんなん」「めく」「ミナブー」そして「よしえ」と僕。

この7人でホンマ楽しい時を過ごしました。

「鳥取」へ行った時もおもろかった。

今はみんなそれぞれの生活があってほとんど会えない状態やけど、来年あたり何十年ぶりかに海でもいけたらええなあとか思います。

自分のアホなところをすべて知られている相手と居る時ほど楽な時はないですよね。

もうみんな48歳。

ええ歳ですわ。

でも心の中ではいつもあの頃のあいつらです。

毎年この頃に「引き潮」を聴くとあの頃がよみがえる。

ホンマ名曲ですわ。

計算が間違ってなければ今年は「大阪城ホール」でのLIVE30年目かな。

ぜひこの「引き潮」を聴きたいもんです。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

「永ちゃん」の作品を検索してみましょう

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yazawainochi.blog117.fc2.com/tb.php/176-a28867e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。