E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「CITY LIGHTS 」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



「CITY LIGHTS 」 歌詞はこちらへ

作詞 ちあき哲也 作曲 矢沢永吉

1990.7.31発売のアルバム「永吉」に収録されています。


永吉



夏の休暇も終わりの8月17日に親友「真司」と奥さんの「節ちゃん」そして僕の奥さんの「よしえ」と僕の4人でビアガーデンに行ってきました。

場所は近鉄奈良線の石切駅のすぐ前にある「街路樹」という喫茶店の屋上です。

ここは昔僕が通っていた「東大阪市立日新高等学校」の最寄駅でそのころは何回か行ったことがあるお店です。

そのころとは場所も少し移動して、建物もくらべものにならんほど立派になっていました。

「真司」がここでビアガーデンをやっているとの情報を知ったらしく久しぶりに集まろうということになりました。

4人が揃うのは2~3年前に伊勢にキャンプに行って以来だと思います。

「真司」「節ちゃん」とは「永ちゃん」のライヴで毎年行ってますが、「よしえ」はホンマ久々です。

僕らは結婚の時期も同じ20歳だし、子供も3人ずつで歳もみんな同じぐらいです。

付き合いもそうとう長くなりました。

お互い一番下の子供も高校を卒業し、お金はかかるけど手はかからんようになりました。

やっと大人同士で遊べるようにもなってきました。

さてビアガーデンですが、最初はこんな田舎の喫茶店のビアガーデンなんてとバカにしてたところもあったんですが、なんのなんのなかなか味があるビアガーデンでした。

石切というところは「石切神社」というて「デンボ」(できもののこと)の神さんで大阪では有名な神社があるところです。

ようするに病気平癒の神様で毎日たくさんの人が参拝に訪れる神社で、「おじいちゃんおばあちゃんの聖地」といっても過言ではありません。

東京の「巣鴨」みたいなところだと思ってくれていいと思います。

僕も子供のころはよく遊びに来たもんです。

「生駒山」という山の麓になります。

屋上に上がるとホンマこじんまりしたところで、大体30人も座れるかなぐらいのキャパです。

最初はまだ明るかったんですが、夜も更けてくると結構夜景が綺麗なんですわ。

結構腹いっぱいになるぐらいのオードブルと飲み放題で1時間半3,000円は安かったと思います。

いろいろ飲みに行く機会はありますけど、やっぱりこのメンバーで飲んでるのが一番やなと思いました。

別に今更大した話しをするわけでもないけど居てるだけでホンマ楽しいんですわ。

こういう気分になれるのはホンマに久しぶりです。

この前久しぶり昔の仲間で集まった時もホンマに楽しかった。

やっぱり持つべきものは友達ですね。

夜景


ビアガーデン
左から「よしえ」「節ちゃん」「真司」


大阪の夜景を見ながら飲む酒も最高でした。

夜景を見ていると心の中で「永ちゃん」の「CITY LIGHTS」が流れてきました。

ホンマシブい曲ですよね。

僕の大好きな「ちあき哲也」さんの作詞です。

アンタホンマサイコーです。

あっという間に1時間半が経ちました。

このあとカラオケに行きました。

4人でカラオケに行くのは始めてやと思います。

「よしえ」の歌を久々に聴きました。

結構いい点を出してたので驚きました。

みんなそれぞれ熱唱しました。

僕も久々に「永ちゃん」を歌ってスッキリしました。

時間が経つにつれてだんだん「節ちゃん」がヘラヘラ笑い出すようになってきました。

かなり酔ってきたみたいでした。

2時間もあっという間に過ぎ4人で歩いて帰りました。

とにかく「節ちゃん」はず~っとヘラヘラ笑ってました。

その姿を見て僕も癒されました。

僕にとって「節ちゃん」はたった一人の女子の友達です。

これからもヨロシク!

「よしえ」も大好きな「SMAP」を熱唱して少しは日頃のストレスも解消できたんではないでしょうか。

ホンマに有意義な1日になりました。

来年もぜひビアガーデンに行きたいです。

これでまたガンバれます。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

「永ちゃん」の作品を検索してみましょう

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
毎度!亀吉、文が上手いなぁ。俺は子供の頃から作文が苦手で・・・ 感情が薄いんかな?そんな事無いな、伝えるのがへたくそやな。口下手やし。そんな俺に結婚式でスピーチさすな!(笑)って、あれから四半世紀以上経つけど・・・
また旨いビール呑みましょ!
2013/09/13(金) 17:40 | URL | 真司 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yazawainochi.blog117.fc2.com/tb.php/175-21aa1a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。