E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
♪ロックンロールに感謝しようぜ♪ そしてみんなで永ちゃんを盛り上げていきましょう!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「いつの日か」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



作詞 秋元康 作曲 矢沢永吉




Z's START ON TOUR 2014

いよいよ終盤に差し掛かってきましたね。

残るは

5月31日(土)  沖縄コンベンションセンター劇場

6月3日(火)   Zepp Tokyo

の2公演のみです。

残念ながら僕はいけませんでした。

ぜひとも暮れの武道館のチケット取れますように...。

セットリスト書くのはもうやめときます。

見たい方はココをご覧ください。

さてこの前1年ぶりに高校時代の友人たちと飲み会に行った話をしました。

それがこんどはエスカレートして、学年全体の同窓会をしようということになりました。

東大阪市立日新高等学校58期生 昭和58年卒業のみなさん

11月2日にやりますよ!

多分誰も見てないとは思いますけど...。

僕のクラスも卒業して1年か2年ぐらいに1回同窓会やりました。

その時僕は「次は俺が幹事やるからな」というてみんなと別れました。

それ以来やってません。

今回の1曲「いつの日か」の歌詞じゃないけど

「いつの日かもう一度会おう」

と言うてず~っと会ってないなんていう人いっぱいいてるんちがいます?

僕もそのへんがず~っと気にはなってました。

でも今回学年全体の同窓会をやろうと言うてくれたことはホンマ嬉しいかぎりです。

この前同級生「祐子」がやってる「鉄板焼き お好み焼 勝田や」にて打ち合わせに参加。

幹事は「カンボ」こと「宮城」がやってくれることとあいなりました。

でも言いだしっぺは「よっしゃん」こと「吉村」です。

まあなにはともあれ言いださんことには始まりませんからね。

やるからには幹事をサポートしていきたいと思います。

もう卒業して30年以上経つのでみんなを集めるのは並大抵のことではないと思います。

みんなの協力なしでは絶対成功は無いと思います。

ちょうどみんな今年50歳の大台を迎えます。

まあやるなら今年しかないでしょう。

帰るとき「来てよかったなあ」と言える同窓会になればいいなあ。

会いたい奴も山ほどおるし。

とにかくがんばります。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

「永ちゃん」の作品を検索してみましょう

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>

スポンサーサイト

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「雨のハイウェイ」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



作詞 相澤行夫 作曲 矢沢永吉



いやあ~ ついにやりましたね「永ちゃん」!

未発表ライブ映像4本を収めたDVDボックス『TREASURE BOX』(5月7日発売)が初週2.1万を売り上げ、5/19付オリコン週間DVDランキング総合首位に初登場。

浜田省吾が『ON THE ROAD 2011“The Last Weekend”』(2012年9月発売)で「DVD首位獲得最年長記録」(※音楽作品、ソロアーティスト対象)を打ち立てた59歳9ヶ月を上回り、歴代1位となりました。

TREASURE BOX [DVD]





長年ファンやってきてホンマよかったなあ~って最近つくずく思うんですわ。

ず~っと追いかけ続けてきた人がこの歳になってもまだ活躍している。

それだけでもすごいことやと思いません?

現役最年長ロックンローラー「矢沢永吉」

しかし「永ちゃん」の場合ただ最年長なだけではなく、今もまだその勢いはとどまるところを知りません。

今年結成した新たなバンド「Z's」(ゼッツ)の全国ツアーも始まりましたし、今回のDVDランキング総合首位等々。

いったいこの人どこまで突っ走るんでしょうね。

来年僕も50歳になりますけど、「永ちゃん」が走り続ける限り、僕の青春は終わりません。

最近こちらの記事を見て感動しました。

矢沢永吉「方向性を見失いかけていた」 “売れ残り”に見た新たな夢

という記事なんですが

記事を抜粋します


Z’sのツアーは全国13カ所で行われるが、あえて大阪、名古屋などの大都市は外した。青森、山形、佐賀、宮崎などの地方都市が並ぶ。

 「僕だけじゃなく、多くのミュージシャンがローカルに行くより、大都市のでかいホールで格好良くキメるというパターンになっている。でも、それは本当は間違いなんだよ。若き日のヤザワがなぜ全国区になれたのか。それは街から街へ年間120本くらい回っていたからだ。あれを毎年繰り返していたから、全国津々浦々でヤザワのライブなら見てみたいって人が増えていったのよ」

 だからこそ、若い仲間たちと旅をする今回のツアーは「地方」にこだわった。ステージにも、そのスピリッツは表れた。矢沢率いた伝説のバンド「キャロル」の「憎いあの娘」で幕開けし、♪クルマ揺られて今日も街から街へ――の歌詞が印象的な曲「ずっとあの時のまま…」を歌った。



なんか感動しません?

「永ちゃん」の著書「成り上がり」に書かれていた「リメンバー佐世保」でしたっけ?

あれを読んだころを思い出します。

まったくスピリットは変わってないんですね。

また来年も「春ライヴ」やるみたいですよ!

その他にもいろいろなことが書かれていますのでぜひ。

また今回の「Z's」のツアーでは「Z's」としての新曲も披露。タイトルは「What Do You Want?」。

早く聴いてみたいもんです。

とにかく僕にとって「永ちゃん」は人生のバイブルそのもの。

学校では学べないものはすべて「永ちゃん」から学んできました。

まずは「成り上がり」

今もたまに読み返すことがありますわ。

そして曲では

「I LOVE YOU OK」 「長い旅」 「鎖を引きちぎれ」 「Wonderful life」

これらの曲のように生きようと思ってやってきました。

僕にとっては自分が「永ちゃんファン」やっていうことが一番の誇りです。

これからも走り続ける「永ちゃん」を応援し続けていきます。

そして「Z's」のライヴは行けませんでしたけど、「武道館」は絶対行きたいと思っています。

どうかチケットとれますように。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

「永ちゃん」の作品を検索してみましょう

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。