E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
♪ロックンロールに感謝しようぜ♪ そしてみんなで永ちゃんを盛り上げていきましょう!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「JAMMIN'ALL NIGHT」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



「E.YAZAWAのアルバムと共に振り返る」というカテゴリーで記事を書くのは去年の12月31日以来になります。

2010年の1月3日にこのブログを初めて以来約3年がたとうとしています。

毎年、その年最後のブログで今年を振り返ろうということに決めています。

このカテゴリーも今回で第42話になりました。

ん?今年で「永ちゃん」は40周年やのに42話?

まあそのへんは深く考えないで話は進めます。

僕にとって2012は特にこれといったこともない年やったと思います。

しかしそれが一番なんかもしれんなあとしみじみ思える今日この頃ですわ。

もし僕や家族になんかあったらこんなにのんきにブログなんか書いてられませんからね。

「平穏無事」という言葉が段々好きになってきた47歳のおっさんです。

まあそれでも振り返ると今年は昔ず~っとやっていて、ここ数年休んでいた「競馬」を再開しました。

結果は負けっぱなしですが、僕にとっては競馬を研究している時間はとても有意義なものでした。

来年研究の成果が出てくれることを期待しています。

まだ最後の大一番「有馬記念」が残されていますけどね...。

そしてこれももう何年か続けている「近畿の世界遺産と国宝探索」も今年からあらたに「西国三十三箇所巡礼」も始めました。

ここ何ヶ月かは行けていませんが、これも達成したいと思っています。

詳しくは僕のもう一つのブログ「世界遺産と国宝の旅の地図 In関西」で。

とにかく一つ一つコツコツといろんなことをやっていきたいです。

そして来年ものんきに1年を振り返っていれたらいいなあと思います。

そんな2012年に発売されたアルバムは「Last Song」です。


Last Song
2012年8月1日発売
1. IT'S UP TO YOU!
2. 翼を広げて
3. 夢がひとつ
4. BUDDY
5. パニック
6. 「あ.な.た...。」
7. JAMMIN' ALL NIGHT
8. Mr.ビビルラッシー
9. 吠えろこの街に
10. サンキューMy Lady
11. LAST SONG


「永ちゃん」が自画自賛していました。

ホンマこのアルバムを聴くと「永ちゃん」の「引き出しの多さ」を感じます。

もう何十年も「永ちゃん」を聴いているとええかげん飽きるんとちゃうかなと自分でも思う時があるんですが、新しいアルバムが出ると新しい「永ちゃん」と出会える。

だから聴けるんでしょうね。

今回の「LAST SONG」も僕には文句なしのアルバムでした。

これがホンマに「LAST SONG」にならんことを祈ります。




さて今年のコンサートツアーは

EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2012「JAMMIN' ALL NIGHT」

11/7~12/17/合計22公演
でした。

僕は12/8の大阪城ホールに行ってきました。

でも今年はそれだけではありませんでした。

今年は「永ちゃん」が「キャロル」でデビューして以来40周年のメモリアルイヤーでした。

夏には

EIKICHI YAZAWA 40th ANNIVERSARY LIVE in LIVE HOUSE

も行われました。

8月20日(月) Zepp Namba(OSAKA)(大阪府)

8月21日(火) Zepp Namba(OSAKA)(大阪府)

8月23日(木) Zepp Nagoya(愛知県)

8月25日(土) Zepp FuKuoka(福岡県)

僕は8月20日のZepp Namba(OSAKA)にいつもの4人で行ってきました。

僕にとっては初の「ライヴハウス」でした。

そして今までで一番燃えたかもしれないライヴでした。

さらには

スペシャルライヴ

EIKICHI YAZAWA 40th ANNIVERSARY LIVE「BLUE SKY」

が9月1日横浜の「日産スタジアム」で開催されました。




EIKICHI YAZAWA 40th ANNIVERSARY LIVE 『BLUE SKY』

今でも行けなかったことに悔いは残ります。

次「ソロデビュー40周年」がもしあったら絶対行きますよ。ホンマ!

とにかく今年も精力的に活動した「永ちゃん」でした。

今年は2回も「永ちゃん」に会えてホンマうれしかった。

来年も絶対ツアーあるよね?「永ちゃん」。

信じてますよ。

今年「大阪城ホール」の帰り3人で飲んだ時にしみじみ「永ちゃんを信じてきてホンマよかたなあ」と全員の意見が合った時最高に幸せでした。

来年もその言葉が言えるようにこれからの1年がんばります。

きっと来年はええ年になると信じて今年のブログを終了します。

こんなつまらんオッサンのブログに来てくれたすべての人とコメントくれたかたにも感謝です。

来年もヨロシクおねがいします。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

「永ちゃん」の作品を検索してみましょう

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
スポンサーサイト
ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「ミスティ misty 」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



「ミスティ misty 」 歌詞はこちらへ

作詞 ちあき哲也 作曲 矢沢永吉

1983.7.20発売のアルバム「I am Model」に収録されています。


I am Model



2012.12.8 大阪城ホールで行われた

EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2012「JAMMIN' ALL NIGHT」

に行ってきました。

なんと言っても今年は「永ちゃん」のデビュー40周年の年。

夏にはライヴハウス。

そして横浜。

まあこの横浜は断念しましたんで、大阪城は気合入りまくりでした。

今回は親友「真司」その弟「孝夫」そしてその息子「コウヘイ」と僕の4人です。

「コウヘイ」は16歳で「永ちゃん」デビューですわ。

なんともたのもしい若者です。

16の若者に「永ちゃん」ってどんな風に映ってるんでしょうね。

僕が16で聴いていた「永ちゃん」とは明らかに時代も違うしね。

でも僕はライヴを見てもらえばたとえ若者だろうとじいさんだろうと絶対良さはわかってもらえると信じています。

大体みんな「永ちゃん」のライヴに対する悪いイメージが出来上がりすぎているような気がします。

実際は全然違うんですけどね。

たしかに30年も昔は近寄れんような雰囲気やったかもしれませんが、今は全然いい雰囲気です。

さあライヴです。

僕と真司の2人はアリーナのSS席です。

紙のチケットは発行されませんので当日行ってみないと席順すらわかりません。

もしかして1列目?という淡い期待満々で受付へ。

しかし残念ながら「12列59,60番」というSS席でも後ろの方でした。

でもまあ十分近い席なのも事実です。

やっぱり早く受付したもん順なんかな?

次回もしSS席GETなら1番に並んでやろうと思ってます。

なんやかんやで開演の午後7時。

「永ちゃん」バンドを引き連れ登場。

オープニングは「IT'S UP TO YOU!」。

いつものように1曲目から涙が溢れ出てきました。

ステージ中央からせり出した所へバンドと共に「永ちゃん」が。

かなり近かったです。

ボルテージははもう最初から最高潮ですわ。

セットリストは最後に。

見たくない人は見ないでください。

夏の「ZEPP」の時も最高と書きましたが、それに負けず劣らずのセットリストでした。

MCも昔と比べれば断然うまくなってますね。

行った人はわかると思いますが「スターバックスのおばちゃん」のくだりは正直今までで一番笑えました。

よそでも話してるんでしょうか?

あと結構いい名言が。

「ROCK」についてのくだりで、娘の「洋子」が「GET UP]のサビの「ゲラゲラ」ってどう言う意味なのってきかれたんだけど「GET UP」だよっていってやったんだけど、他にも「止まらないHa~Ha」の歌詞の「 Feelin' Comes」のところなんですが、「永ちゃん、「ピリカ」ってどういう意味なんですか?って聞かれたんだけど、「ピリカ」って聞こえてるみたいなんだよね、実際「ピリカ」って言ってるかもしれないね、でもそれが「ROCK」なんだと思います」。

カッコ良すぎですわ。

しびれました。

曲の中では「今回のこの1曲」にした「ミスティ misty 」が良かったというのが真司と僕の共通の意見でした。

過去大阪でやったことあったかな?というぐらいレアな1曲でした。

それとこんなこと書いたらファンに怒られそうですが、「永ちゃん」って毎年歌がうまくなってませんか?

懐かしい曲を聴くと、「この曲ってこんなにええ曲やったっけ?」って思うことがホンマに多いんです。

みなさんもそう思いませんか?

だから「永ちゃん」の曲って飽きることがないんです。

聞くたび新鮮でグレードが上がるんです。

豪華なセットリストで2時間もあっという間に過ぎました。

そしてアンコール。

もっとも盛り上がるんですが、もうこれで今年も終わりかなと思うともっとも寂しいひと時でもあるんですよね。

悔いが残らないようにタオルを投げました。

そして「永ちゃん」の姿をこの目に焼き付けておきました。

いっつも最高なんですが、今年も最高なロックンロールナイトでした。

帰りに飲んだビールの味が最高だったことは言うまでもありません。

店を出て家路についた時、雪が降ってきました。

最高に冷えていましたけど、心は超HOTでした。

また来年集まることを約束して、今年の「永ちゃん」は終了です。

次回は今年1年を振り返ります。

2012.12.8

2012.12.8

2012.12.8

2012.12.8

2012.12.8

2012.12.8

2012.12.8
来年はもっといい席に当たりたい
2012.12.8
アンコールの時降ってきました。
2012.12.8

2012.12.8

2012.12.8
こんな刺青?いやハンコ押されました。
2012.12.8

SS席のみのプレゼントのバッジです。

それではまた!

サンキューロックンロール!

セットリストを見るには、続きを見るをクリックして下さい。

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

「永ちゃん」の作品を検索してみましょう

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
[EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2012「JAMMIN' ALL NIGHT」2012.12.8 大阪城ホール]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。