E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
♪ロックンロールに感謝しようぜ♪ そしてみんなで永ちゃんを盛り上げていきましょう!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「回転扉」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



「回転扉」 歌詞はこちらへ

作詞 ちあき哲也 作曲 矢沢永吉

1984.7.25発売のアルバムE'に収録されています。


E'




昨日2012.8.20(月)大阪は難波の「Zepp Namba(OSAKA)」で行われた

EIKICHI YAZAWA 40th ANNIVERSARY LIVE in LIVE HOUSE

に行ってきました。

セットメニュー書いてますので今後ライヴに行かれる方は気を付けてくださいね。

さて僕はライヴハウスでのコンサートは始めてでした。

いつも通りのメンバー、親友「真司」とその妻「節ちゃん」、そして「真司」の弟「孝夫」の4人で行ってきました。

ごごじ4時から整理券が配られるということでしたが、僕らは大体5時前ぐらいにZEPPに到着。

早速整理券を貰いにいきました。

番号は1491番。

この時点で「なんかやばいな」とは思ってましたけど、案の定かなり後ろの方での入場になってしましました。

ホームページでの説明では「あらかじめ番号は決まっています」って書いてあったのでゆっくりめにいったんですが、やっぱり早く整理券をもらいに並ぶべきだったんでしょうか?

なんやかんやで午後6時、開場の時間になり、整理券の順番通りに入場。

1階は全席スタンディングで自由ということだったんですが、「節ちゃん」は少々身長低めなんで、ここでは見えんということであちこち場所を物色したんですが、結局1番後ろの少し高くなった場所でのライヴとなりました。

まあ1番後とはいえ全然「永ちゃん」の顔は見える距離でした。

「ツバかかり」の場所を希望してただけにちょっと残念でしたけどね...。

でも熱気はいつもの「大阪城ホール」なんかより数倍熱かったです。

なんやかんやで午後7時。

緊張バリバリの中、照明が落ち、爆音がとどろき開演。

いろんな曲をイメージしてましたけど、見事に裏切られ、なんとオープニング曲は「鎖を引きちぎれ」でした。

なんとも嬉しい裏切りですわ。

いきなり「サイコー」ですわ。

さらに2曲目は「恋の列車はリバプール発」。

「始まったばっかりでもうアンコール?」みたいでしょ。

40周年なんで多分昔の曲中心やろうなとは思うてましたけど、ホンマのホンマに見事に80年代いやそれ以前が中心の僕ら結構古くからの「永ちゃん」ファンにはたまらんセットメニューでした。

今回のセットメニューは



1.鎖を引きちぎれ
2.恋の列車はリバプール発
3.チャイナタウン
4.ガラスの街
5.黒く塗りつぶせ
6.GET UP
7.YES MY LOVE
8. 時間よ止まれ
9. レイニー・ウェイ
10.Rolling Night
11.YOU
12.逃亡者
13.共犯者
14.SOMEBODY'S NIGHT
15.Wonderful Life
16.PURE GOLD
17.サイコーなRock You!
18.止まらないHa~Ha
19.回転扉




このメニューって大体僕が車の中で聴く用に作った「my best あるばむ Rock編」の1枚みたいなメニューですわ。

3曲目の「チャイナタウン」はギターを弾きながら渋かった。

4曲目「ガラスの街」はイントロからもうたまらんっていう1曲。

5曲目「GET UP」はホンマにやって欲しかったサイコーな1曲。

10曲目「Rolling Night」は大阪で今までやったことあるかなあというぐらいレアな1曲。

15曲目「Wonderful Life」の時ぐらいにはもう絶頂に達してましたわ。

そしてアンコールは

「サイコーなRock You!」

「止まらないHa~Ha」

そしてラストはなんと「回転扉(ドア)」でした。

今回のこの1曲に推薦したこの曲は僕が始めて「大阪城ホール」でデビューした時のアルバム「E'」
の1曲です。

シブイロッカバラードですわ。

感想を言いますと

「もうホンマにサイコーーーーーーーーーーー」な夜でした。

今までホンマ何回も「永ちゃん」のライブに行きましたが1番でした。

まずはライヴハウスの熱気。

ホンマに熱かった。

そして人と人の密着感。

「永ちゃん」との距離。

どれをとってもいままでで1番でした。

ライヴ終わりのワンドリンクサービスの「ビール」も最高でした。

そして何より今日がツアーの始まりでもあったんで、永ちゃんのなんかドタバタしたところも良かった。

マイクスタンド蹴っ飛ばした時、スタンドが手から離れて飛んでいくし、サックスの「スネイク」の話も最高におもろかった。

これで勢い付けて9月1日の「日産スタジアム」で行われる

EIKICHI YAZAWA 40th ANNIVERSARY LIVE 「BLUE SKY」

が最高に盛り上がればいいですね。

僕は12月8日の「大阪城ホール」のSS席もGETしてますんで、今度は前から5番目以内に当たることを祈ります。

この後のライヴに行かれる方もきっとサイコーなロックナイトが過ごせると思いますよ。

なんやかんや言うてやっぱ70~80年代の「永ちゃん」が僕にはいいです。

今後のライヴに行かれる方からのコメント等もお待ちしてますよ。

そしてなんというても帰りにみんなで飲んだビールが最高でした。

1年間で飲むビールの中で「永ちゃん」のライヴ終わりのビールほどうまいものはありませんわ、ホンマ。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ZEPP

ZEPP

ZEPP


ZEPP
今回のチケットと整理券リストバンド


ZEPP
今回帰りにくれたポスター




ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
スポンサーサイト

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「IT'S UP TO YOU!」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



「IT'S UP TO YOU!」 

作詞 馬渕太成 作曲 矢沢永吉

2012.8.1発売のアルバムに収録されています。

Last Song






またまたGETですわ!

なにが?

2012.12.8(土)の大阪城ホールのSS席です。

2012.8.20(月)のZepp Namba(OSAKA)に続いてラッキーですわ。

SS席もいつぶりか忘れるぐらいですわ。

今年は40周年やし、いいことありそうです。

ところで最近ある放送のインタビューで、今回のアルバム「Last Song」について語ってたんですが、どうもこのアルバムの次はいつになるかなって感じですね。

なんかスペシャルライヴEIKICHI YAZAWA 40th ANNIVERSARY LIVE「BLUE SKY」の「燃え尽きる」といい寂しい。

そんなん言わんとまだまだ毎年アルバムもライヴもガンガンやりますぐらい言うて欲しいんですけどね。

さてこれも最近の放送で昔の「永ちゃん」の映像が出てきて、僕の1番大好きな矢沢の名言

「いつの時代もやる奴はやるし、やらない奴はいくら言ってもやらない」

を久しぶりに見て改めてこの人はええこと言うなあと思いました。

僕もホンマに「永ちゃん」からのメッセージによってこれまでいろんなことを学んできたように思います。

これからも一つ一つのメッセージを忘れずに生きていきたいと思います。

今度はZepp Nambaのライブの様子を書きます。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。