E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
♪ロックンロールに感謝しようぜ♪ そしてみんなで永ちゃんを盛り上げていきましょう!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「PRETTY WOMAN」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



「PRETTY WOMAN」 歌詞はこちらへ

作詞 Bobby Laking and Paul Barrere 作曲 矢沢永吉

1981.8.5/1981.9.25発売のアルバム
「YAZAWA」に収録されています。


YAZAWA



矢沢永吉公式サイト「YAZAWA'S DOOR」で見つけた記事です。




矢沢永吉40周年企画

Twitterで募集!! 矢沢永吉ライヴの歴史を振り返ろう!!

日本のロックに先駆者として、ロックシーンを牽引してきた矢沢永吉が2012年、活動40周年を迎えた。

その40年の歴史を振り返る企画として、着うたフル(R)のライヴ音源の配信が決定!!

「いろいろなバージョンの音楽配信を!」というユーザーの要望を形にしたこの企画はこれまでに発表された作品の中でも、ライヴ音源にスポットをあてTwitterで配信音楽のリクエストを募る。

4月3日から行われる第一弾の対象ライヴDVDは、「MILES AND MILES」「E'LIVE」「ROCK'N'ROLL KNIGHT 2」などの8作品。

4月11日の募集期間終了後、Twitterでリクエストが多かった楽曲を中心に5月9日からライヴ音源の配信が開始となる。

また、ダウンロードされた方には特典として、その当時のライヴ写真の待受画像をプレゼント!!




というものです。

で早速まず最初の対象のライヴを振り返ってみて今回のこの1曲「PRETTY WOMAN」に白羽の矢を立てました。

LIVE DVD「MILES AND MILES」に収録されている名曲ですわ。

懐かしいですわ。

久しぶりに聴いてみてやっぱりよかった1曲です。

そしてこのライヴは「永ちゃん」が新たな道を歩き始めた記念すべきライヴでもあるしね。

このライヴのビデオをはじめて見た時、まるで今までの「永ちゃん」のライヴと違うなと感じましたし、ほとんどが英語の曲なんていうそれはそれはすごいチャレンジだったっと思いますよ。

しかもバンドのメンバーも全員外人やし。

しかもそれまでの「永ちゃん」の髪型は「リーゼント」が基本やったのにこの時は髪もおろしてましたしね。

何もかもが新鮮でホンマしびれたのを思い出しますわ。

それまで以上に「永ちゃん」が好きになったライヴでもあります。

日本のアーティストでこんなライヴをやったんも「永ちゃん」が最初やと思います。

そんなライヴの中でも今回のこの1曲「PRETTY WOMAN」が特に印象に残ってますわ。

みなさんはどの曲をイチオシするんでしょう?

ぜひとも教えて欲しいんですわ。

コメントお待ちしております。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。