E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
♪ロックンロールに感謝しようぜ♪ そしてみんなで永ちゃんを盛り上げていきましょう!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「HOLD ON BABY」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



「HOLD ON BABY」 歌詞はこちらへ

作詞 ちあき哲也 作曲 矢沢永吉

1982.7.10発売のアルバム「P.M.9」に収録されています。



P.M.9



今回のこの1曲「HOLD ON BABY」聴いてもらいましたか?

いい曲でしょ?

いわゆる「矢沢節」炸裂のROCKです。

僕のいう「矢沢節」とは「永ちゃん」独特の「泣き」が入った歌い方のことです。

基本「バラード」や「ミディアム」で多いと思うんですけど「ROCK」で「泣き」が入った曲が僕は一番好きなんですわ。

ずっと前に、「サマーレイン」を紹介したときに書いたと思うんですがAメロとかBメロとかいうものがあるなら「サマーレイン」の場合Aメロだけを繰り返しているだけやのに素晴らしい曲やと書きました。

この「HOLD ON BABY」もこの曲の時は一応AメロにプラスちょこっとBメロがあるんですが、このすぐあとに発売された全て英語のアルバム「YAZAWA It'sJust Rock'n Roll」の「TELL ME YOU LOVE ME」は「HOLD ON BABY」の英語版なんですが、Aメロのみを繰り返す「ROCK」に仕上がってるんですわ。

どうぞお聴きください。



どうですか?

シンプルやのに聴かせる「ROCK」やと思いませんか?

この曲が出た頃僕は高校生やったと思いますわ。

特に「TELL ME YOU LOVE ME」は何度も何度も繰り返し聴いていた記憶があります。

まあ英語はさっぱりわからんけど「べびべび、あいげびゅーまーいらすだーらー、べびべび、あいげびゅーまいますたんとぅー」ってな感じで歌ってました。

かけと言われれば最後までひらがなで書けるぐらい聴いてましたわ。

聴いて覚えてたんで逆に発音は良かったかも。

多分こういうように音楽にこだわった感じで考えると「永ちゃん」の曲って凄いのがいっぱい出てくると思います。

僕は「永ちゃん」がただカッコイイとかだけでファンやってるわけではないですよ。

基本音楽に惹かれてファンやってます。

今でこそ難しいメロディーラインを歌うアーティストはたくさんいますけど、当時はまだ簡単で誰でも口ずさめる曲がいわゆる「売れ筋」でした。

どんだけひいき目にみても「永ちゃん」の曲は」「売れ筋」が少ないと思います。

難しい曲をさも簡単そうに歌ってみせる「永ちゃん」こそが昔から大好きな僕ですわ。

そう考えればこの曲なんかはまだ簡単な方の部類に入る曲かもしれんですね。

いや簡単すぎるかも。

でもそんな曲をここまで聴かせることが出来る「永ちゃん」ってホンマ凄いんとちゃいます?

なんかそんな意味で凄い曲をこれからも探しては書いていきたいと思ってます。

僕がチョイスした曲を楽しみにしてくださってる方もいらっしゃるようなんで。

なんか久々に古いアルバムを聴き直してみたくなってきましたわ。

逆に今聴き直してみるとその頃は良さがわからんかったけど、歳を重ねてみて初めてわかる良さっていうのもありますからね。

それではこれからお宝の1曲を探してみます。

それではまた。

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
スポンサーサイト

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「アリよさらば」です

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。



「アリよさらば」 歌詞はこちらへ

作詞 秋元康 作曲 矢沢永吉




1994.7.6発売のアルバム「the Name Is…」に収録されています。


the Name Is…


今回のこの1曲「アリよさらば」は今をときめく「AKB48」の「秋元康」の作詞です。

他にも「いつの日か」等の楽曲を「永ちゃん」に提供しています。

この曲自体がいいとか悪いとかは別にして、というかこの曲がテーマ曲のドラマ「アリよさらば」というのがありました。

「永ちゃん」がはじめてドラマに挑戦した作品です。

1994年でしたか。

僕にとって「永ちゃん」は「神」の域のお人です。

しかし、唯一「演技」という点では「どうかな?」というクエスチョンマークが付きます。

この「アリよさらば」はいわゆる「学園ドラマ」で、「永ちゃん」は教師の役でした。

こんなこと言うと「永ちゃんファン」から怒られるかもしれませんけど、この役者が「永ちゃん」じゃなかったら1回目で見るのやめてたと思います。

このあと「お受験」という映画にもチャレンジした「永ちゃん」。

しかし僕は恐ろしくて未だにこの映画を見ることが出来ません。

多分今後もあえて見ることはしないんとちゃうかなと思ってます。

TVのCMでビール飲んでるぐらいまでがいいんとちゃうかな。

やっぱ「永ちゃん」は「ステージの人」だと思います。

「CDの人」でもないとさえ思います。

いつも僕はオリジナルのCDの曲を聴いている時もライヴで歌ってる「永ちゃん」の曲をイメージしながら聴いているような気がします。

やっぱ「生の矢沢」にかなうものはないんとちゃいますか?

でもいろんなことにチャレンジしようとする「永ちゃん」の心意気は素敵だと思います。

今年40周年を迎える「永ちゃん」。

今後はどんな新たなチャレンジを見せてくれるんでしょうか?

楽しみです。

いくつになっても「新しい永ちゃん」が見ていたいです。

それではまた!

サンキューロックンロール

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。