E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
♪ロックンロールに感謝しようぜ♪ そしてみんなで永ちゃんを盛り上げていきましょう!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「WITHOUT YOU 」です。

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。




「WITHOUT YOU 」 歌詞はこちらへ

作詞 ちあき哲也 作曲 矢沢永吉

1982.7.10発売のアルバム「P.M.9」に収録されています。


P.M.9




今回のこの1曲「WITHOUT YOU」は1982.7.10発売のアルバム「P.M.9」に収録される名曲なんですが、ちあき哲也さんの詩もさることながら僕が一番気に入ってるのは2番が終わったあとの間奏のギターですわ。

まさに「流れるような」という表現があってると思いませんか?

前年には全世界発売されたアルバム「YAZAWA」、そしてこの年には「YAZAWA It'sJust Rock'n Roll」も発売してますが、「音」にこだわって作ってるっていう感じがものすごくするんです。

以前にも書きましたんですが1981年からの「永ちゃん」を「矢沢第2章」と呼んでます。

この「WITHOUT YOU」はそんな中でも特に「音」にこだわってるなと思えるんですわ。

もう30年も前の曲ですね。懐かしいけど今でも十分に通用する「ROCK」だと思います。

今でも僕は「永ちゃん」に「WITHOUT YOU」ですわ。

話は変わりますが、前回も書きましたように僕がやってるもう一つのブログ「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」が2012.1.26の「朝日新聞大阪版」に紹介されました。

冷かしではなかったようですわ。

「朝日新聞」のネット版「asahi.com」の「あのブロガーに会いたい」というコーナーにも掲載されています。

よかったら是非。

「永ちゃん」の「ROCK」と「お寺」?

ギャップがありすぎますけど、どちらも僕の趣味です。

「永ちゃん」には「永ちゃん」の、「お寺」には「お寺」の良さがあるんですわ。

この二つのブログをこれからも頑張って続けていくつもりですんで、ご支援ご指導の程ヨロシクです。

コメントもお待ちしておりますし、相互リンクも大歓迎ですよ。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
スポンサーサイト

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「Monkey Game」です。

曲を聴くには画面中央をクリックしてください。





「Monkey Game」 歌詞はこちらへ

作詞 高橋研 作曲 矢沢永吉

1997.8.8発売のアルバム「YES」に収録されています。


「YES」




今年2回目の更新です。

今回のこの1曲は「Monkey Game」にしてみました。

僕の大好きな「高橋研」の作詞ですわ。

ホンマ世の中金じゃないです。

そう思いたいし、そうであって欲しい。

ホンマ世の中毎日が「勝つか負けるか」でもあります。

会社も商品が売れるかどうかで倒産したりします。

やっぱ「勝つか負けるか」です。

この不景気ですんでどいつもこいつもパッとせん顔してます。

ホンマ疲れる毎日です。

そんな疲れた体を癒すための僕の趣味が「名所旧跡巡り」なんです。

僕が住む関西は名所旧跡の宝庫と言うてええほど素晴らしいお寺や神社などがあります。

時間とお金が続く限りあちこち出かけてはブログに書いてるんですわ。

「「永ちゃん」のROCK聴いてる奴がお寺や神社やと!」と怒られそうですが...。

そのブログが「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」というんです。

このブログ同様泣かず飛ばずのアクセス数しかないオッサンのブログです。

しかし、なんと掲示板に「取材させてください」と朝日新聞の記者と名乗る人からの投稿がありました。

最初冷かしやなと思いながらコメントを返しているうちに、どうやら本物の記者やということが判明。

そしてなんと先日近所の喫茶店で取材を受けたんですわ。

大阪限定なんですが、「あのブロガーに会いたい」というコーナーがあってどうやら1月28か29日に掲載されるということなんです。

ネットでも「asahi.com」のマイタウン、大阪という所に「あのブロガーに会いたい」というコーナーがあります。

ちゃんとした日程が決まったらまた書きたいと思ってます。

でも取材は受けたものの未だににわかに信じがたいんです。

でも冷かしでわざわざ取材に来る暇な奴もおらんやろうし...。

結構記者の人は僕のブログのこと褒めてくれてましたけど...。

喫茶店の前の道で写真もバチバチ撮られたし...。

まっその日が来ればわかることですけどね。

なんにしろこんな機会も一生に一度あるかないかのことなんでと思い取材にも応じました。

「なんかもっと他にもええことがある前触れかな」ぐらいのプラス思考でいきます。

「世界遺産と国宝の旅の地図 in関西」は結構真面目に書き続けてるブログなんで、嘘でもなんでも見ていてくれた人がいたというだけも嬉しいです。

この「E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられて」もそんな風に人に見てもらえるようなブログにしていきたいと思ってます。

今年もコメントもお待ちしております。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。