E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
♪ロックンロールに感謝しようぜ♪ そしてみんなで永ちゃんを盛り上げていきましょう!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!



今回のこの1曲は「止まらない Ha~Ha 」です。
曲を聴くには画面中央をクリックしてください




「止まらない Ha~Ha 」 歌詞はこちらへ

作詞 ちあき哲也 作曲 矢沢永吉

1981.10.25発売のアルバム東京ナイトに収録されています。


東京ナイト

「永ちゃん」のアンコールの定番で白スーツが一番似合う1曲。




僕の夢はいつか親友「真司」と「日本武道館」に行くことです。

やっぱりその時は「白スーツ」で決めなアカンでしょ?

で大体ナンボぐらいするんかなとYahoo!オークションで「矢沢永吉 スーツ」と検索してみました。

するとズラッとでてくること37件。

色とりどりなスーツがでてきました。

はっきり言うて「永ちゃん」との因果関係はなさそうですけど、いわゆる「モドキ」的なスーツですわ。

見た感じ全然いけそうな感じなんですわ。

しかもお値段も2万4千8百円となかなかリーズナブルじゃないですか。

「真司君」買わないか?と言いたくなる値段ですわ。


Yahoo!オークションのページへ行ってみる

さらに僕の大好きな「楽天市場」でも同じ内容で検索してみると




こんなんでました。

お値段も特価 14,990円 (税込) 送料込 だそうです。

楽天市場へいってみる


本気で「真司君」に相談したいです。

僕一人だけスーツもいややし、どうせならお揃いでいきましょうよ「真司君」。

そして来年こそは「日本武道館」へ行きましょう!

それではまた!

あっとそれと、みなさんで白スーツをお買いになったお店をおしえてもらえませんか?

待ってます。

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>
スポンサーサイト
ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!



今回のこの1曲は「I LOVE YOU, OK」です。
曲を聴くには画面中央をクリックしてください。





「I LOVE YOU, OK」 歌詞はこちらへ

作詞 相沢行夫 作曲 矢沢永吉

1975年9月21日発売に収録されています。

アイ・ラヴ・ユー・OK



「永ちゃん」を語る上で絶対外せないし、この曲の上も下も無い特別な1曲。


まずは62歳の誕生日おめでとうございます。

1949.9.14に広島に生を受け1968年夜汽車に乗って横浜に。

1972年「キャロル」結成。12月デビュー。

1975年「キャロル」解散。

同年アルバム「I LOVE YOU, OK」でソロデビュー。

以来ロック界のスーパースターとして現在まで走り続ける「永ちゃん」。

ホンマにサンキューソーマッチですわ。

今年もこの日を迎えられて幸せです。

今では子供の誕生日よりこの日のほうが大切にさえ思えるほど大事な日になりました。

思えば「永ちゃん」との付き合いも今年で33年になりました。

僕も46歳になりました。

はっきり言うてこれ程長い付き合いになるとは昔は思いませんでした。

でも今は本当に幸せを感じています。

中学の時に好きになったアーティストが46のおっさんになった今でも現役で「日本武道館」でガンガンのロックのライヴやってる。

そんな幸運な人ってあんまりいませんよ。多分。

その頃人気だったアーティストのほとんどが今じゃいませんわ。

いてもロックだけで飯食ってる人なんて皆無ですよ。

なんと言うてええんかわからんのですけどホンマ「矢沢永吉」という人はすごい人です。

とにかくポイントは「ロック」だというところですわ。

その頃ほとんど認められていなかった「ロック」という分野。

確かに「井上陽水」「小田和正」「長渕剛」「桑田佳祐」「松山千春」「ユーミン」「中島みゆき」など一流アーティストはいますが、その中に一人も「ロック」の人はいません。

とにかくそこのところを認めてあげてください。

その当時「ロック」なんてただの不良がやるもんで、「ロック」やってるだけで悪いヤツという時代ですよ。

でもその「ロック」という分野のアーティストながら「長者番付ナンバーワン」になった人ですよ。

いまのミュージシャン連中が能書きこけるのも全部「永ちゃん」のおかげだと言うても過言ではないです。

いろんなバッシングもすべてはねのけてスーパースターの道を歩き続けてきた「永ちゃん」なんです。

62歳になっても「ワオー」ってやってます。

話は変わりますが、「永ちゃん」の誕生日といえば思い出すのが、1999年9月15日の横浜国際競技場での「TONIGHT THE NIGHT!~ありがとうが爆発する夜~」です。

今回の曲に選んだ「I LOVE YOU, OK」。

「I LOVE YOU, OK 長くつらい道もお前だけを...~」

のところで涙で歌えなくなった「永ちゃん」。

もう有名ですけどこの「お前だけ」のお前は「永ちゃん」自身のこと。

そこで感極まって泣いてしまった「永ちゃん」。

僕も何回もこの映像でもらい泣きしています。

「永ちゃんファン」なら誰でも知ってる。

この曲が「永ちゃん」にとってどれだけ大切な曲か。

これから何千曲出してもこの曲だけは別格です。

わからない人は「成り上がり」を読んだり、ライヴのビデオを見てください。

わかると思います。

僕ももし今も家にギターがあったら一番はじめに弾くのはこの曲です。

もちろんギターがあった頃はまずこの曲からでした。

僕の親友「真司」もそう言うてましたわ。

そんな人多いでしょ?

とにかくなにはともあれ「I LOVE YOU, OK」ですわ。

とにかく来年の今日もこんなこと言うてられたらいいですね。

「永ちゃん」1日でも長くステージに立ち続けてください。

それだけが僕の願いです。

他にはなにも望みません。

そして今年も無事ライヴがむかえられますように。

この調子で今後も書いていきたいと思います。

「永ちゃんファン」の方のコメントなども待ってます。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村



「永ちゃん」のグッズを探してみましょう!

矢沢永吉ヒストリー
[シングル] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>
[アルバム] 70年代へ>>80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ
[VIDEO&DVD] 80年代へ>>90年代へ>>00年代へ>>10年代へ>>
[書籍] 矢沢永吉関連の書籍一覧
「矢沢永吉」コンサートツアーの歴史へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。