E.YAZAWAこと矢沢永吉に魅せられてはや30年以上の大阪の40代のおっさんが「E.YAZAWA」の魅力を綴ります。
 
♪ロックンロールに感謝しようぜ♪ そしてみんなで永ちゃんを盛り上げていきましょう!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「So Long」です。


このブログ、ずっと過去の話ばっかりで面白くないかもしれんけどこのまま当分はいきますんでヨロシク!

さて、ついに1980年代に突入です。

僕も高校1年になってます。青春してましたわ、ホンマ。だんだんマジメ?になっていく自分がこわかったです。

バイトもやりました。うどん屋にラーメン屋にと。食いもん屋ばっかり。

それでようやく「永ちゃん」の今までのアルバムをレンタルレコード屋で借りてカセットに録音しまくりましたよ。

買うまではさすがにできませんでした。当時アルバムLPレコードは今と変わらんぐらいの値段してましたからね。

他のいけない遊びに大分お金使ってましたし...。

そんな1980年に「永ちゃん」がリリースしたアルバムは「KAVACH」(1980年6月10日発売)です。

78年「日本武道館」、79年「後楽園球場」とたて続けに大きいところでのコンサートをさせてノリにノッテル「永ちゃん」。

80年代に入っても絶好調です。

この年も「日本武道館」でのLIVEアルバム「The Rock 6.2.1980 NIPPON BUDOKAN LIVE」(1980年11月28日発売)を発売。

初のベストアルバム「THE GREAT OF ALL」(1980年7月1日発売)と「THE GREAT OF ALL VOL.2」(1980年12月1日発売)も発売。

計4枚のアルバムを発売したことになります。

そして「永ちゃん」のドキュメンタリー映画「RUN & RUN」(監督:根本順善)(1980年3月15日公開)も公開されました。

一応僕の中ではこの年までを「初期の永ちゃん」と呼んでいます。

なぜかは後々また書いていきます。

そんな1980年のアルバム「KAVACH」に収録されている楽曲を紹介しますと

1.テレフォン
2.涙のラブレター
3.レイニー・ウェイ
4.夕立ち
5.Good by
6.Hey Diana
7.絹のドレス
8.Rolling Night
9.So Long


以上9曲です。

まずはシングルカットされた「涙のラブレター」

「いったい永ちゃんはどこまでいくねん」と思った1曲です。ロックが湧き出てくるんでしょうな。

「レイニー・ウェイ」は今もLIVEではかなり盛り上がる1曲ですね。

「ベイベー、カモンベイベー!」で。

「Rolling Night」はスローなロックでいかしてます。

そしてラストの「So Long」

ここまでの「永ちゃん」のバラードの中でも指折りの名曲だと思います。

いや、全ての「永ちゃん」のバラードの中でもと言えるんとちがうかな。

もし僕が「永ちゃん」のLIVEの曲を決めてもええといわれたら、「So Long」「長い旅」をラストにもってきます。

とにかく素晴らしいバラードです。

「KAVACH」は全体的にスローな感じの曲が多いアルバムです。

「大人のロック」っていう感じでしょうか。



さてこの1980年にはベストアルバムが2枚リリースされています。

ここまでの「永ちゃん」の名曲を聴きたい方にはおすすめです。

まずは「THE GREAT OF ALL」に収録されている楽曲をご紹介

1.黒く塗りつぶせ
2.ワン・ナイト・ショー
3.ゴールドラッシュ
4.チャイナタウン
5.鎖を引きちぎれ
6.Mr.T.
7.時間よ止まれ
8.古いラヴ・レター
9.苦い涙
10.I SAY GOOD-BYE,SO GOOD-BYE
11.世話がやけるぜ
12.ひき潮
13.写真の二人 (Bonus Track)
14.せめて今夜は (Bonus Track)


そして「THE GREAT OF ALL VOL.2」に収録されている楽曲は

[Disc1]
1.トラベリン・バス
2.サブウェイ特急
3.ウィスキー・コーク
4.バイ・バイ・サンキュー・ガール
5.あの娘と暮らせない
6.真赤なフィアット
7.ラッキー・マン
8.アップタイト
9.真夜中のロックン・ロール
10.ガラスの街
11.セクシー・キャット
12.キザな野郎
13.気ままなロックン・ローラー
14.バイ・バイ・マイ・ラヴ

[Disc2]
1.最後の約束
2.今日の雨
3.キャロル
4.バーボン人生
5.さめた肌
6.天使たちの場所
7.雨のハイウェイ
8.ライフ・イズ・ヴェイン
9.燃えるサンセット
10.ラスティン・ガール
11.夏のフォトグラフ
12.A DAY


ホンマに名曲ぞろいです。



さらにこの年「日本武道館」で行われたLIVEアルバム「The Rock 6.2.1980 NIPPON BUDOKAN LIVE」に収録されている楽曲は
[Disc1]
1.イントロダクション~ザ・ロック
2.RUN & RUN
3.バイ・バイ・サンキュー・ガール
4.テレフォン
5.馬鹿もほどほどに
6.雨のハイウェイ
7.I SAY GOOD-BYE,SO GOOD-BYE
8.Hey Diana
9.涙のラブレター
10.Good by
11.天使たちの場所

[Disc2]
1.THIS IS A SONG FOR COCA COLA
2.I LOVE, YOU OK
3.レイニー・ウェイ
4.トラベリン・バス
5.Rolling Night
6.So Long
7.So Long(クロージング)


ホンマにこのLIVEはレコードで聴いても盛り上がってるのがメッチャわかります。

アルバムには収録されていない「RUN & RUN」で始まります。

この曲はこの年公開された「永ちゃん」の1979年9月15日のナゴヤ球場ライブと、普段見せない私生活を追ったドキュメンタリー映画「RUN & RUN」(監督:根本順善)のテーマ曲です。

コカコーラのCMに使われた「THIS IS A SONG FOR COCA COLA」も最高。

盛り上がりに盛り上がったラストは「So Long」

もうたまりませんわ!



ホンマこの1980年も大活躍やった「永ちゃん」なんですけど、翌1981年にはまたまたすごいことをやってくれました。

それはまた次回に書きたいと思います。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*今回紹介したアルバム「KAVACH」を見てみる


*今回紹介したLIVEアルバム「The Rock 6.2.1980 NIPPON BUDOKAN LIVE」を見てみる

*今回紹介したベストアルバム「THE GREAT OF ALL」を見てみる

*今回紹介したベストアルバム「THE GREAT OF ALL VOL.2」を見てみる

*今回紹介した映画「RUN & RUN」を見てみる

*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する




スポンサーサイト

ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「LOVE THAT WAS LOST」です。


このブログも11話目に入ります。

もうそろそろお友達が欲しくなってきました。

「コメント」待ってますし、僕も友達探しをはじめようと思ってます。

「永ちゃん」ファンの方いらっしゃいましたらぜひコメントを!

さて今回は1981年、僕が高2の頃についてです。

僕もこの頃にはずいぶんマジメ?になってました。イケナイ遊びも大分マスターしてた頃です。

高1の頃から始めた「ギター」もちょっとましになってきた頃でした。

「親友」や「長い旅」なんかよう歌ってましたわ。結構うまいんです?

さて1981年からの時期を「矢沢第2章」と僕の中では呼んでます。

なんでか?そうこの年「永ちゃん」は「YAZAWA」(1981年8月5日発売)というアルバムを全世界発売したんです。

歌詞は全部英語です。

「メチャメチャすごいやんけ」と衝撃が走りましたもんね。

もうすでに日本では「BIG」ではなく「GREAT」になってた「永ちゃん」。

「いったいこの人のチャレンジ精神はどこまで続くんやろか?」と思いました。

新たな「永ちゃん」の始まりでした。

ここで困りましたがな。英語わかりません。勉強は好き?やけど。

しかしこれからは英語がわからんと「永ちゃん」の曲もわからんと思った僕はがんばりました。

そしてみるみるうちに英語の成績が上がっていく?僕でした。ホンマですよ。

そんなアルバム「YAZAWA」に収録されている楽曲を紹介しますと

1.DON`T COME TOO CLOSE
2.DANCE THE NIGHT AWAY
3.PRETTY WOMAN
4.LOVE THAT WAS LOST
5.CAN`T YOU SEE
6.WANT YOU
7.SUGAR DADDY
8.THE RIDE
9.KOKORO


以上9曲です。

まずは1曲目の「DON`T COME TOO CLOSE」はイントロからしびれましたし、なによりも英語やけど「矢沢節」が炸裂してたのに感動しました。

「PRETTY WOMAN」は新しい「永ちゃん」がよく出てるロックです。

「SUGAR DADDY」はスローテンポな1曲。英語でも何語でもええもんはええんやね。

そしてシングルカットされた「LOVE THAT WAS LOST」。日本では「抱かれたいもう一度」というタイトルでした。

自慢じゃないですけどこの曲だけは歌詞を見んでも全部歌えますよ。必死で覚えましたから。

このアルバムが外国で売れたか売れんかったかなんかどうでもいいんです。

僕はこの「永ちゃん」のチャレンジがうれしかったし、僕もなんでもやったるっていう気持ちにさせてくれた「永ちゃん」に感謝してます。



さてこの1981年には日本でもアルバムをリリースしています。「RISING SUN」です。

このアルバムの曲のタイトルも全部横文字です。意識したのかな?

1.YOU
2.50% DREAM
3.HEY BOBBY
4.YOKOHAMA FOGGY NIGHT
5.SUMMER RAIN
6.SHAMPOO
7.SEPTEMBER MOON
8.GAMBLER


以上8曲です。

まず1曲目の「YOU」はシングルカットされドラマの主題歌にもなりました。

「HEY BOBBY」は軽快で熱い1曲です。LIVEでも盛り上がります。

「YOKOHAMA FOGGY NIGHT」は「永ちゃん」の第2の故郷「横浜」を歌ったしびれる名曲です。

「SUMMER RAIN」は「矢沢節」炸裂の1曲。

そしてこのアルバムで僕がイチオシするのは「SEPTEMBER MOON」やね。

「街を抜け出したこんな夜~」から始まるスローな1曲です。

家でギター弾いて歌う時、なんでか歌いたくなるんです、この曲が。何月でも。

おっさんになった今、さらにこの曲がいいんです。泣ける1曲です。



とにかく1981年「永ちゃん」は新たなるチャレンジを始めました。

この後もチャレンジは続きます。

LIVEにもあらたな試みが始まるのです。

次回はそんな1982年について書きたいと思います。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*今回紹介したアルバム「YAZAWA」を見てみる

*今回紹介したアルバム「RISING SUN」を見てみる

*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する







ドーモ!

矢沢永吉命の男、亀吉です。

今回も最後までガンバリますんで、楽しんでいって下さい、ヨロシク!

今回のこの1曲は「YES MY LOVE」です。


この数日間「矢沢ヒストリー」を作成してました。よかったらぜひ!

久しぶりに昔を振り返ります。

今回は1982年、僕が高校3年生の頃についてです。

この頃が本当に楽しかったかも。なんにも考えずにムチャやれてましたから。

あの頃迷惑かけた人たちにお詫び申し上げます。反省してます。

どんなムチャかは言えません。とにかいろいろですわ。

それと前回書き忘れましたけど、高2の時には僕にも彼女ができました。

あっという間に別れちゃいましたけど...。

また高3の時にも彼女できました。これもそんなには続かず...。

気持ちを入れ替えてと

そんな1982年に「永ちゃん」がリリースしたアルバムは「P.M.9」「YAZAWA It's Just Rock'n Roll」です。

今回から紹介の仕方をリニューアルします。

まずは「P.M.9」から



P.M.9
1982.7.10発売
1.WITHOUT YOU[4:42]
2.ROCK ME TONIGHT[3:39]
3.EBB TIDE[5:02]
4.NO NO NO[3:43]
5.LAHAINA[3:41]
6.JEALOUSY[4:24]
7.HOLD ON BABY[4:39]
8.YES MY LOVE[4:00]
9.NETTAIYA(熱帯夜)[5:05]


今回も全て横文字のタイトルです。

1曲目の「WITHOUT YOU」はイントロからしびれる1曲。「LIVE」でもノリノリになります。

そして「ROCK ME TONIGHT」は激しいロック。

このあたりで気がつきました。

あきらかにバックの「サウンド」が変わりましたね。

なんかものすごく音にこだわりだしたように僕には思えるんですがどうですか?

この頃の他のアーティストの音楽と比べるとずば抜けてますよ。ホンマ。

さすが「世界」を見てきた「永ちゃん」です。

さて、その他の曲もいいですよ。

シングルカットされた「LAHAINA」と「YES MY LOVE」。どちらもいい曲です。

特に「YES MY LOVE」は当時の「コカコーラ」のCMソングでした。

「イエ~ス、コ~ク、イエ~ス」なつかしいです。

この頃僕もコーラ飲みまくってました。

とにかくこの「P.M.9」はまた新たな「永ちゃん」のサウンドの幕開け的なアルバムだったんではないかな。


さらにこの1982年にはもう一枚のアルバム「YAZAWA It's Just Rock'n Roll」もリリースされています。



YAZAWA It's Just    Rock'n Roll
1982.12.4発売
1.ROCKIN′MY HEART[3:45]
2.HARD TO TAKE[3:59]
3.TRYIN'TO FIND MY WAY HOME[4:32]
4.WHY DO YOU LIE[3:15]
5.CAN GO[3:28]
6.IT`S JUST ROCK`N ROLL[3:56]
7.CRYING FOR YOU[3:35]
8.TELL ME YOU LOVE ME[3:49]
9.WHY DID YOU EVER GO[2:49]


タイトルも英語、曲も全部英語です。

1曲目「ROCKIN′MY HEART」は「永ちゃん」にとっては全く新しいサウンドです。

ポップ調というか軽快なサウンドで、しかも全部英語なので驚きました。

「HARD TO TAKE」「TRYIN'TO FIND MY WAY HOME」も全く今までとは別世界。

次の「WHY DO YOU LIE」を聴くとなんか聴き覚えが...。

「P.M.9」「ROCK ME TONIGHT」と同じ曲ですわ。

「CAN GO」「NO NO NO」「TELL ME YOU LOVE ME」「HOLD ON BABY」「WHY DID YOU EVER GO」「YES MY LOVE」と同じ曲です。

言うてみれば「P.M.9」の英語版みたいなアルバムですわ。

アレンジはそれぞれ違いますけどね。そこが「永ちゃん」らしいところです。

まさに「走り続ける永ちゃん」的なアルバムです。



この年のライブツアーがまたいいんですよ。

「いったいどこまでいくねん、永ちゃん」という感じです。

その様子は翌年発売される、ライブアルバム「1982 P.M.9 LIVE」に収録されてます。

この年から手を組んだ「ドゥビーブラザーズ」のメンバーを交えた画期的な「LIVE」です。

ワクワクしてきますけど、この続きはまた次回に書きたいと思います。

それではまた!

サンキューロックンロール!

ブログランキングに参加中です。
このブログがお気に入りましたら下のバナーをクリックおねがいします。
にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村





*矢沢永吉に関する商品を購入する


*矢沢永吉の楽曲をダウンロードする

*矢沢永吉のCDを購入する



*矢沢永吉のDVDを購入する


*矢沢永吉の書籍を購入する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。